home

医師・スタッフ紹介

経歴

1948
大阪府出身
1972
新潟大学歯学部 卒業
大阪大学歯学部歯科補綴学第一教室入局
1977
西田歯科医院開院(現在地)
1983
新潟大学歯学博士取得

資格・所属学会

新潟大学歯学博士
警察協力歯科医
日本歯科医師会
大阪府歯科医師会
豊中市歯科医師会
日本補綴歯科学会
日本口腔インプラント学会

経歴

1978
大阪府豊中市出身
2003
大阪歯科大学 卒業
2007
大阪大学大学院歯学研究科
(歯科補綴学第一教室)卒業
大阪大学歯学博士 取得
大阪歯科大学歯科保存学講座 助教 
2014
大阪歯科大学歯科保存学講座 講師(非常勤)
大阪大学産業科学研究所 研究員
【非常勤】
2005
大阪歯科学院専門学校技工士学科 非常勤講師
2011
医療法人皓隆会 南歯科医院(非常勤)
2013
大阪歯科大学歯科技工士専門学校 非常勤講師
2014
大阪歯科大学歯科保存学講座 非常勤講師
大阪大学歯学部附属病院口腔補綴科 研修登録医
2017
西田歯科医院(非常勤)

資格・所属学会

大阪大学歯学博士
大阪歯科大学歯科保存学講座 非常勤講師
大阪歯科大学歯科医師臨床研修指導歯科医師
大阪大学歯学部附属病院口腔補綴科 研修登録医
日本歯科理工学会 Dental Material Senior Adviser 称号認定
ノーベルバイオケアメンターコース(インプラント) 修了
日本歯科理工学会
日本歯科審美学会
日本歯科保存学会
ナノ・バイオメディカル学会
日本セラミックス協会
American Academy of Cosmetic Dentistry(米国審美歯科学会)
International Academy for Digital Dental Medicine(国際デジタル歯科学会)

受賞

2009
第118回 日本補綴歯科学会学術大会 デンツプライ賞
2011
第22回 日本歯科審美学会学術大会 Esthetic Award
2016
第2回 IADDM(国際デジタル歯科学会) 3rd prize
2017
第10回 IFED世界大会(国際歯科審美学会)1st prize

主な論文等

more-btn

Fluorescence of thulium-doped translucent zirconia. Nakamura T, Okamura S, Nishida H, Usami H, Nakano Y, Wakabayashi K, Sekino T, Yatani H. Dent Mater J, 37(6): 1010-1016 (2018)
Induction of Oxidative Stress in HeLa Cells with Reactive Oxigen Species Generated in Titanium Oxide Nano-tubes. Nishida H, Tanaka T, Honda Y, Goto T, Cho S, Sekino T. Nano Biomed, 8(1): 41-50 (2016)
Application of Titanium Dioxide Nanotubes to Tooth Whitening. Komatsu O, Nishida H, Sekino T, Yamamoto K. Nano Biomed, 6(2): 1-10 (2014)
Bioactivity of nanostructure on titanium surface modified by chemical processing at room temperature. Komasa S, Taguchi Y, Nishida H, Tanaka M, Kawazoe T. J Prosthodont Res, 56(3): 170-177 (2012)
The relationship between milling a new silica-doped zirconia and its resistance to low-temperature degradation (LTD). Nakamura T, Usami H, Ohnishi H, Nishida H, Tang X, Wakabayashi K, Sekino T, Yatani H. Dent Mater J, 3: 31(1) : 106-12 (2012)
Influences of Titanium Oxide Nanotubes on Rat Bone Marrow Stromal Cells. Nishida H, Egusa H, Sekino T, Taguchi Y, Komasa S, Kusumoto K, Tanaka M, Yamamoto K. J Jpn Assoc Oral Rehabil, 24(1): 52-56(2011)
The effect of adding silica to zirconia to counteract zirconia's tendency to degrade at low temperatures. Nakamura T, Usami H, Ohnishi H, Takeuchi M, Nishida H, Sekino T, Yatani H. Dent Mater J, 30(3): 330-5 (2011)
Ceria-stabilized zirconia/alumina nanocomposite suitable for electrophoretic deposition in the fabrication of dental restorations. Nakamura T, Nishida H, Sekino T, Tang X, Yatani H. Ceramic Transactions, 210: 407-412 (2010)  
Mechanical properties of new self-adhesive resin-based cement. Nakamura T, Wakabayashi K, Kinuta S, Nishida H, Miyamae M, Yatani H. J Prosthodont Res, 54: 59-64 (2010)
Tensile bond strength between tooth-colored porcelain and sandblasted zirconia framework. Nakamura T, Wakabayashi K, Zaima C, Nishida H, Kinuta S, Yatani H. J Prosthodont Res, 53: 116-119 (2009)
Electrophoretic deposition behavior of ceria-stabilized zirconia/alumina powder. Nakamura T, Nishida H, Sekino T, Nawa M, Takeda S, Wakabayashi K, Kinuta S, Mutabe Y, Yatani H. Dent Mater J, 26: 623-627 (2007)
電気泳動堆積法(EPD)に最適化したジルコニア系ナノ複合材料の開発.
西田尚敬. 大阪大学歯学会誌, 52(1): 1-13 (2007)
アルミナコアを用いたオールセラミッククラウンの6年予後.
西田尚敬, 中村隆志. QDT, 31(8): 112 (2006)
シングルインプラントにおける審美的・外科的成功:1~9年間の予後.
西田尚敬, 中村隆志. QDT, 31(5): 128 (2006)
保持形態を減少させた支台歯に接着したCAD/CAMクラウンの生存率.
西田尚敬, 中村隆志. QDT, 31(3): 112 (2006)
オールセラミック修復:材料選択における概念と指針.
西田尚敬, 中村隆志: QDT, 31(1): 136 (2006)
CAD/CAMテクノロジーを用いたインプラント修復装置の製作.
西田尚敬, 中村隆志: QDT, 30(9): 74 (2005)
最新のCAD/CAMテクノロジー:修復システムの発展.
西田尚敬, 中村隆志: QDT, 30(7): 69 (2005)

経歴

1997
大阪歯科大学 卒業
2003
大阪大学大学院歯学研究科
(顎顔面口腔矯正学教室) 卒業
大阪大学歯学博士 取得
2008
ヤナギ矯正歯科
2009
大阪大学大学院歯学研究科
(顎顔面口腔矯正学教室)招聘教員

資格・認定・所属学会

大阪大学歯学博士
日本矯正歯科学会認定医
日本矯正歯科学会
近畿東海矯正歯科学会
日本口蓋裂学会
大阪大学歯学会
歯科技工士
奥手 和弘
Kazuhiro Okude, D.T.
歯科衛生士
幸 咲季
Saki Miyuki, D.H.
受付・歯科助手
森岡 麻生
Mao Morioka, D.A.